BIOGRAPHY

Aya Mito

群馬県出身。

幼い頃からピアノに親しむ。

両親の影響で、日本歌曲や合唱曲と同時に、海外のロックやプログレ、フュージョンなども身近に聞き育つ。

高校時代にミュージカルと出会い、音楽と芝居が合わさったドラマチックな歌の世界に魅了され、大学では演劇を学ぶ。

卒業後、フランスやイタリアのポップス曲たちに、ミュージカルと同じような魅力を感じ、カンツォーネ(イタリアの曲)のコンクールを受けグランプリを受賞。

それがきっかけで、日本ではシャンソニエと呼ばれている、シャンソン(フランスの曲)やカンツォーネが主に演奏されるライブハウスで歌手としての活動を始める。

その後、東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」やストレートプレイなどの舞台出演を経て、現在は主に、自らが企画のライブやホテル、イベントなどへの出演で幅広く活動している。

シャンソン、カンツォーネ、タンゴ、ジャズ、ロックなどジャンルの縛りなく素敵な音楽たちを、自身の日本語歌詞や原語にて、ただのカバーではなく自分というフィルターを通して歌うことを大切にしている。